【書評】書籍『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』の感想とおすすめのポイント

書籍『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』

書籍『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』の基本情報は以下の通り。

目次

目次は以下の通り。

  • 第1章:最新AIの驚異的実力と人類滅亡の危惧
  • 第2章:脳科学とコンピューターの融合から何が生まれるのか
  • 第3章:日本の全産業がグーグルに支配される日
  • 第4章:人間の存在価値が問われる時代

筆者の経歴

著者のの経歴は以下の通り。

1963年、群馬県生まれ。
作家・ジャーナリスト、KDDI総合研究所リサーチフェロー、情報セキュリティ大学院大学客員准教授。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院理学系研究科・修士課程を修了後、東芝、日経BPなどを経てボストン大学に留学、マスコミュニケーションの修士号を取得。ニューヨークで新聞社勤務、帰国後、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所などで教鞭をとった後、現職。

KDDI総合研究所の概要については以下の通り。

  • KDDIの研究開発の中核
  • 衛星通信や海底ケーブルに関する研究に強みを持つ
  • 本店所在地は、埼玉県ふじみ野市大原2丁目1番15号

印象的なポイント

印象的なポイントは以下の通り。

  • ディープラーニングは画像・音声認識から自然言語処理へ

個人的な感想

個人的な感想は以下の通り。

  • 新書サイズで要点がまとまっている。最初に読むのにおすすめ
  • 出典が明記されていないことがきになる