【評判・口コミ】AIの法人研修サービスを提供する「AI STANDARD」の特徴について整理

AI STANDARDの基本情報

AI STANDARDの基本情報を整理します。

会社概要

会社概要は以下の通り。

  • 会社名:株式会社 AI STANDARD
  • 所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-4-4 武蔵ビル5F
  • 連絡先:info@standard2017.co.jp
  • 代表者:代表取締役社長 石井大智 / 取締役 安田光希 鶴岡友也
  • 設立:2017年08月09日
  • 事業内容:AIデータサイエンス社内研修事業 / 学生インターンコンサルティング事業

経営陣

代表取締役CEOを務める石井大智氏のプロフィールは以下の通り。

石井大智氏のプロフィール

大学在学中に同社を起業。「東大人工知能開発学生団体HAIT」の元代表も務めた。

ちなみに、石井氏が代表を務める「東大人工知能開発学生団体HAIT」では、AI(人工知能)を学ぶ学生をつなぐコミュニティを形成している他、マッチングイベントも開催しています。東京大学にて特任准教授を務める松尾豊教授を招き、勉強会なども実施しています。

提携企業

提携企業は、以下の通り。

AI STANDARDが提携する企業

  • MicroSoft(マイクロソフト)
  • nvidia(エヌビディア)
  • 一般社団法人 日本ディープラーニング協会

「一般社団法人 日本ディープラーニング協会」については、ご存知ない方もいらっしゃると思うので、以下に軽く説明しておきます。

一般社団法人 日本ディープラーニング協会

  • Deep Learning(ディープラーニング)を中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す組織
  • 検定・資格試験として、G検定(ジェネラリスト向け)・E資格(エンジニア向け)を提供
  • 正会員としては、アベジャ・ブレインパッド・ディープコア・ファッションポケット・フィンク・グリッド・IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス・エヌビディア・PKSHA Technology・シンギュラリティ・tiwaki・UEI・クロスコンパス・zero to oneといった企業が名を連ねる

サービス内容

AI STANDARDで提供するサービス内容は以下の通り。

社内研修

AI(人工知能)の受託案件をこなせる人材の育成を行なっています。講座内容としては、

講座内容

  • 速習チュートリアル
  • Scikit-learn(サイキットラーン )による機械学習
  • Keras(ケラス)による深層学習

といった内容になっています。初学者がAI(人工知能)を学習する過程で挫折するポイントを押さえた教材を提供しており、講座監修には、業界における第一人者の一人である浅川伸一氏が参画しています。浅川氏の経歴は以下の通りです。

浅川伸一氏のプロフィール

早稲田大学在学時代は、ピアジェの発生論的認識論に心酔する。卒業後、エルマンネットの考案者ジェフ・エルマンに師事、薫陶を受ける。
著書に「ディープラーニング、ビッグデータ、機械学習、あるいはその心理学」「ニューラルネットワークの数理的基礎」「脳損傷とニューラルネットワークモデル」がある。

また、Scikit Learn(サイキットラーン)やKeras(ケラス)について知識を深めたい方には、以下の記事がおすすめです。

個人的な見解・考察

個人的な見解・考察は以下の通り。

  • AI(人工知能)法人研修は有望な分野。Aidemy(アイデミー)が競合と思われるが、今後、さらに参入企業は増加するものと思われる
  • 学生には、無料でAI法人研修の教材を提供している。これは大学生なら絶対に受講しておくべき内容である。
  • 東大の学生団体や大手企業のバックがあるのが強い。今後も要注目のスタートアップ企業である。