AI(人工知能)スタートアップ/ベンチャー企業「リープマインド(Leap Mind)」の特徴を整理する。

Leap Mind(リープマインド)の基本情報

Leap Mind(リープマインド)の基本情報は以下の通り。

会社概要

会社概要は以下の通り。

  • 商号:LeapMind(リープマインド)株式会社
  • 設立:2012年
  • 事業内容:AI(人工知能)システムの開発
  • 役員:松田 総一/渡辺一矢/河野 純一郎
  • 所在地:〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-1渋谷道玄坂スカイビル5F

経営陣

代表取締役CEOを務める松田 総一氏の経歴ですが、

日本大学卒業。 Cross Agent Inc. 、Add Quality Inc.、LeapMind でCEOを歴任。 2015年にはKDDI無限ラボ New Life Style賞を受賞。

となっています。

KDDI無限ラボ

  • 新しいサービスを推進するスタートアップとともに、各業種において豊富なアセットやノウハウを有するパートナー連合と連携して、社会にインパクトのある新たな事業の共創を目指す「事業共創プラットフォーム」
  • 活動テーマとしては、ロボティクス・XR・IoT・ビッグデータ・AI・ブロックチェーン・ドローン・その他ITサービス
  • オフィスの所在地は、渋谷ヒカリエ32階に存在している

取締役COOの渡辺 一矢氏の経歴は以下の通り。

私立都城高等学校卒業。 証券会社に勤務しアジアを中心とした事業展開に従事。 
その後、JP-international代表取締役を経てLeapMind,inc COOに就任。 
2016年西鉄オープンイノベーションコンテスト最終選考会で最優秀賞を受賞。

ちなみに、松田氏は過去にいくつかのメディアにインタビューを受けています。以下にいくつか紹介しておきます。

参考:「2020年までに世界を変える」リープマインドの挑戦とは

参考:あらゆるものにディープラーニングを搭載する

株主(投資家)

Leap Mind(リープマインド)社の株主は以下の通り。

  • 西川氏(ネットエイジ創業者)
  • Archetype Ventures
  • 伊藤忠テクノロジー
  • インテル(2017年10)

2017年10月に、世界的大企業であるインテルから出資を受けており、当社のポテンシャルは非常に高く評価されていることが示唆されます。

提携企業

Leap Mind(リープマインド)と業務提携を行なっている企業としては、

  • NTTデータ
  • 富士通

が存在します。

Leap Mind(リープマインド)の事業内容

事業内容については、以下の通り。

ライセンス事業

京都大学と共同開発し、AI(人工知能)を活用した契約書レビューサービスを提供しています。本サービスを利用すれば、契約書の精査時間を3分の1に短縮することができるとのこと。

自社サービスの提供

Deep Learning(ディープラーニング)を簡単に試すことができるプラットフォーム DeLTA-Liteや学習データのアノテーションツールなどDeep Learning(ディープラーニング)を利用した様々なシステムをSaaSとしてご提供します。

ソリューション事業

様々な分野において、LeapMind(リープマインド)の技術を用いパッケージ化したDeep Learning(ディープラーニング)ソリューションをご提供しています。

Leap Mind(リープマインド)の評判

個人的な見解・考察

個人的な見解・考察は以下の通り。

  • Deep Learning(ディープラーニング)に取り組む本格的なAI(人工知能)スタートアップ
  • あらゆるものにディープラーニングを搭載するというビジョンは非常に魅力的
  • プリファードネットワークスやアベジャのようなAIスタートアップに比べると、メディア露出を積極的にしていない印象