ディープラーニング

日本ディープラーニング協会(JDLA)の特徴を整理

日本ディープラーニング協会の概要

概要

ディープラーニング協会は、ディープラーニングを事業の核とする企業が中心となり、ディープラーニング技術を日本の産業競争力につなげていこうという意図のもとに設立されました。

検定

日本ディープラーニング協会では、以下の2種類の検定を用意しています。

  • G検定(ジェネラリスト)
  • E資格(エンジニア)

G検定では、ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業応用する能力を持つ人材を育成します。

E検定では、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して、実装する能力を持つ人材を育成します。

会員

正会員は以下の通り。

  • ABEJA
  • ブレインパッド
  • ディープコア
  • ファッションポケット
  • FiNC
  • GRID
  • HEROZ
  • IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス
  • エヌビディア合同会社
  • PKSHA Technology
  • SENSY
  • Singularity
  • STANDARD
  • tiwaki
  • UEI
  • クロスコンパス
  • zero to one

賛助会員は以下の通り。

  • トヨタ自動車株式会社
  • 富士ソフト株式会社
  • フューチャー株式会社
  • 株式会社安川電機
  • 株式会社丸井グループ
  • 株式会社三井住友銀行

個人的な見解・考察

ディープラーニング人材の育成については、各国の政府も積極的に取り組んでおり、最重要課題と言えるかもしれません。