AIチャットボット

AIチャットボットとは?仕組みと事例を解説

AIチャットボットとは

AIチャットボットとは、「チャット(chat)」をする「ボット(bot)=ロボット」のことを指します。ここでいうロボットとは、「自動で(何かを)行うプログラム」という意味です。文字で会話をするもののことを言う場合が多いですが、「AIスピーカー」のように音声で会話するものを指す場合もあります。

AIチャットボットの歴史

チャットボットの始まりは1966年に生まれた「ELIZA(イライザ)」です。ELIZAは英語環境のチャットボットです。日本語環境のチャットボットの起源は定かではありません。しかし、1980年台初頭のPC普及期には日本でもチャットボットが存在していたようです。

AIチャットボットの種類

アルゴリズムによって以下の4種類に分けられます。

選択肢タイプ

データベースに蓄積されたシナリオや、設定された回答を選択して会話するタイプです。設定されていない受け答えはできません。

ログタイプ

会話を行った記録をログとして蓄積し、これを利用して人間に近づけた会話を行うタイプです。ログが蓄積されることによって、より自然な会話ができるようになるため、ログが少ない場合は会話が続かなくなります。
近年では、ログ解析にAIを活用し、より人間の会話に近づける試みがされています。

ハッシュタイプ

辞書に登録されたテンプレートを元に、会話を行うタイプです。
そのため辞書タイプと呼ばれることもありますが、範囲の限定された利用方法であれば、受け答えには問題ありません。

Elizaタイプ

「Yes」「No」や相づちで返答しつつ、相手の言葉を要約したり聞き返したりすることによって会話するタイプです。
チャットボットの原型ともいわれるElizaから名付けられており、基本的には聞き役に徹するチャットボットといえます。

AIチャットボットが注目されている背景

チャットボットが注目を浴びている背景としては、メッセージングアプリの使用者が急速に伸びていることとチャットボットの会話を実現するAI(人工知能)の急速な進化が挙げられる。

例えば、Facebookのメッセンジャーは2016年7月にアクティブユーザー数が10億人を超えました。2年半前の2014年2月には2億人だったので、約2年半でユーザー数が5倍も増加したことになります。メッセージングアプリの利用者の伸びに従い、マネタイズのチャンスも増大していると言えます。

また、AIの進化により、高度なサービスが提供可能になったことも大きい。例えば、Microsoftが提供する女子高生を模したAIアカウント「りんな」では、ユーザーが犬の画像を送ると犬の種類を特定して返信する機能をはじめ、「探偵ごっこや「恋愛相談」といった、会話の中身を高度に判断したうえで状況に応じた回答を行う機能も備えている。

メッセージングアプリの爆発的な普及によりチャットの活用シーンが拡大したこと、そしてAIの進化でプログラムが「会話」できるようになり、技術的な障壁のクリアが、チャットボットへの関心を高めた要因になったようだ。

AIチャットボットの仕組み

AIチャットボットの仕組みですが、アプリケーションとBot(ボット)と呼ばれるシステムをAPIで連携し、ボットシステム内で問いかけの解釈・返答生成を行い、API経由でアプリケーションに戻されるという仕組みとなっています。データベースに蓄積された情報から、ロジックに従って回答を探して解析することが基本であり、「音声解析」や「ロジック」のエンジンにAIを活用するタイプも存在します。

AIチャットボットのメリット

AIチャットボットのメリットを以下に整理します。

業務効率化

AIチャットボットを活用することで、人件費を削減することができ、業務効率化に繋がります。

エンゲージメント向上

また、AIチャットボットはユーザーのサービスに対するエンゲージメントの向上に寄与する場合もあります。その場合、AIチャットボットのキャラクター性が重要となります。

AIチャットボットのプラットフォーム

AIチャットボットのプラットフォームは以下の通り。

Facebook

LINE

  • AI少女りんな
  • ローソンクルーあきこちゃん
  • 任天堂
  • AIカホコ
  • パン田一郎

AIチャットボットの海外事例

AIチャットボットの海外事例は以下の通り。

H&M

ペコッター

AIチャットボットの国内事例

AIチャットボットの国内事例は以下の通り。

LOHACOのマナミさん

Relux

イーオのゴミ分別案内

セブン銀行

GR Salad Tokyo

AIチャットボット導入サービスの事例比較

AIチャットボットのサービス事例を紹介します。

hitobo

tripia

AmiAgent

Corproid

AMY

Qlofune

QA Engine

BEDORE

Chat Plus

チャットプラスは、月額1500円から利用できるチャットボットサービスです。運営しているのは、チャットプラス株式会社。会社概要については、以下の通り。

  • 住所:〒104-0031 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン SENQ京橋
  • 会社名:チャットプラス株式会社
  • 代表者:代表取締役社長 西田省人
  • 電話:050-8882-5558

チャットプラスの導入実績は以下の通り。

  • 島村楽器株式会社
  • 森永製菓株式会社
  • 株式会社ターゲットメディア
  • 株式会社LIG
  • パイプドビッツ株式会社
  • エリアリンク株式会社
  • 株式会社マイナビ
  • NTTコミュニケーションズ株式会社
  • エンジャパン株式会社
  • アパマンネットワーク株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • DMM.com

詳細な内容については、以下の通り。

参考:【AIチャットボット】Chat Plusの特徴を整理

Quick QA

Quick QAを運営しているのは、株式会社エーアイスクエア。会社概要については、以下の通り。

  • 社名:株式会社エーアイスクエア
  • 設立:2015年12月1日
  • 本社所在地:東京都千代田区岩本町3-9-3 フォレスト秋葉原ビル8F
  • 資本金:1億7,500万円
  • 事業内容:人工知能(AI)を活用した各種ITサービス提供およびコンサルティング

詳細な内容については、以下の通り。

参考:【AIチャットボット】QuickQAの特徴を整理

ConciergeU

ConciergeUを運営しているのは、株式会社コンシェルジュ。会社概要については、以下の通り。

  • 会社名:株式会社コンシェルジュ
  • 設立:2015年 2月
  • 代表取締役:太田匠吾
  • 所在地〒102-0071東京都千代田区富士見2丁目4-12野本ビル2F
  • 事業内容:人工知能ソフトウェア開発 / データの収集及び解析

ConciergeUの導入実績は以下の通り。

  • ニッポン放送
  • 三井不動産
  • 小田急箱根ホールディングス
  • ウェザーニューズ
  • ANA
  • リクルートコミュニケーションズ
  • はるやま
  • MICRODIET
  • NEC
  • セキスイハイム
  • 実践女子大学
  • 東京ガス
  • CAR MATE
  • 博報堂

AIチャットボットの作り方

AIチャットボットの作り方は以下の通り。

メッセージングAPI

ボット開発フレームワーク

クラウド人工知能サービス

チャットボット作成サービス

hachidori(ハチドリ)

Repl-AI

ChatFuel

Motion AI