AIの活用・取り組み事例

パナソニックのAI(人工知能)に関する取り組みを整理する

AIは「技術10年ビジョン」の重要な柱の一つ

パナソニックでは、2015年から「技術10年ビジョン」を掲げ、自社の研究開発の方向性を示しています。具体的な内容としては、

  • IoT/ロボティクス領域
  • エネルギー領域

に大別され、その中のIoT/ロボティクス領域においては、

  • 人工知能
  • センシング
  • UI/UX

に特に注力しています。

これまでの取り組み

パナソニックのAI(人工知能)に関するこれまでの取り組みを整理します。

AI人材育成プログラム

パナソニックでは、2016年からAI人材育成プログラムを開始しており、5年以内にAI(人工知能)人材を1000―1500人に増員することを目指しています。

AIソリューションセンター

AIソリューションセンターは、AI技術を活用することで、様々な事業に貢献する役割を担っています。実際、パナソニックAIソリューションセンター所長の九津見洋氏は同部署を「新しいビジネスのゼロからイチを作る部署」と位置づけています。AIソリューションセンターでは、

  • 組み込みの「Embedded」
  • AIが判断した結果に対し、対策を打つ「Explainable」
  • 使うほどに進化する「Evolution」

と3つのEから成るAIに注力しており、これを「E3-AI(イースリーエーアイ)」と名付けています。

AIスタートアップ「Arimo」の買収

2017年10月、パナソニックは米国のデータ解析会社として知られる「Arimo」を買収しています。Arimoの会社概要については、以下の通り。

【Arimo社の概要】

  • 会社名: Arimo, inc.(アリモ社)
  • 所在地: 888 Villa St., Suite 400, Mountain View, CA 94041(カリフォルニア州 マウンテンビュー)
  • 代表者: Christopher Nguyen(クリストファー グエン) 他3名
  • 設立: 2013年
  • 事業内容: ディープラーニングを活用したデータアナリティクスソリューションの開発・販売・サポート

参考:米国のデータ解析会社「アリモ社」を買収

最後に

日本を代表するメーカーとして知られる同社ですが、AI人材の育成については順調のようで、当初の目標を前倒しで達成する見込みが高いとのこと。今後の展開にも要注目です。